薬剤師が必要な理由

医薬分業化により、全国津々浦々に薬局ができています。
その薬局もチェーンができ、色々なところで同じ名前の薬局を目にすると思います。

この何年かで病院の薬剤師の業務が拡大し、1ヶ所しかなかった薬剤部が病棟、救急センターなどにも配置するところも増えてきています。

こういったことに加え、ドラッグストアのように病院へいくほどでもないけれど、ちょっと体調が悪いという人が薬を買い求める場所も増えています。

このような背景が今では薬剤師の需要が増えている要因となっています。

大学の薬学部も今は6年制となり、国家試験も難度が高くなっているため、新卒採用も難しいのが現状です。

さらに、薬剤師は高給と言われていますが、現実、薬剤師をやらずにもっと給与の良いメーカーに流れる傾向もあります。

薬学部の学生は全員が薬剤師になるという時代ではなくなってきている

だから、優秀な薬剤師がいれば、引っ張り合い、また引き抜きもあるのが現状です。

薬剤師 復職

よくある面接で質問される項目・回答例

よくある面接で質問される項目と回答例を紹介します。面接の質問で多いのが、志望動機です。先生の推薦があったことが志望動機などと決して回答してはいけません。面接する会社にいかに魅力を感じたかを面接で伝えなければなりません。回答例としては、学校の先生から推薦されたのがきっかけですが、御社の会社案内などを拝見するにつれ、これからも成長していく会社で、自分も併せて成長できるのではと実感できました。というものです。希望職種についての質問も面接ではよくあります。その時は、希望望職種をはっきりと告げ、なぜその職種を希望するのかの理由もしっかりと述べるようにすることです。回答例としては、経理の仕事をしたいと考えていて、そのために簿記やパソコンの勉強をしてきました。というものです。希望職種に就くため、必要なスキルの勉強をしているところが評価されます。簿記やパソコンの資格を取得していれば、経理の職に就く上で、必然的に高評価となり得ます。面接では、他社の受験予定もよく質問されます。回答例は、現在予定はなく、こちらが第一志望の会社で、他の会社の受験は今のところ予定しておりません。というものです。迷いのない発言こそが、面接担当者に良い印象を与えることになります。